ホームページを自作します。エディタを使って自分でつくるオリジナルなホームページの作り方を説明します。SEO対策webサイトを作ります。

howtoselectserver

トップWEBページ作成5.HPの公開手順 > (2)レンタルサーバーの選び方

(2)レンタルサーバーの選び方

ホームページ(WEBサイト)を表示できるソフトウエアをWEBブラウザといいます。

WEBブラウザを動かすことのできるソフトをWEBサーバーといいます。

HTMLで書いたホームページ(WEBサイト)の全ファイルを保存する場所は、

WEBサーバーを動かしているコンピュータ(サーバー)の中にあります。

そのコンピュータ(サーバー)は自分のパソコンでも利用可能ですが、セキュリティの問題や
維持管理などの負担が大きくて大変です。

だから一般的には、専用業者の運営するコンピュータ(サーバー)をお金を払って借りることになります。

それをレンタルサーバーといいます。

レンタルサーバーには、専用と共用の2種類がありますが、共用は一台のパソコンを多数の人が
共用します。つまりアパートの様な感じですね

一方、専用は一台をまるごと貸し切ってしまうことです。

個人の場合は共用で十分でしょう。
会社などの大掛かりな組織体の場合は、専用が望ましいでしょう。

独自ドメインを取得してホームページを公開するためには、サーバーが必要です。
だから、レンタルサーバーを借りる事になりますね。

レンタルサーバーの機能やサービスやレンタル料は各社によって違います。

低価格の会社はレンタルサーバー&ドメイン取得費用で1ヶ月1000円未満で利用できる
ところもあります。
でもサーバーのスピード感や使い勝手など、イマイチというところがありますね。

また、サポートやセキュリティやスピードの安定性や容量の大きさやサービス面など充実している会社のレンタルサーバー代金は、月に3000円~5000円くらいですね。

それぞれ、それなりのものが、あるわけです。

また法人など、会社組織体は、本格的な運営が必要なので、専用サーバーを1台まるごとレンタルすることになります。

自分の用途にあったサーバーを選んで、同時にドメインも取得するのがコツです。

 

おすすめ

お薦めレンタルサーバー:

1.私が10年近く使っている「格安なのにスピード感も信頼性も高く容量も手頃で使いやすい
レンタルサーバーとして、【ハッスルサーバー】が上げられます。
 
2.ハッスルサーバーよりも高性能で、信頼性も高く、容量も大きく、スピードも早い、安定したサーバーで、料金も割安で、サービスも、評判も良いレンタルサーバーは:

  ◆ 【エックスサーバー】 Xserver

です。





【 一つの提案 】

お金に余裕がなければ、最初のレンタルサーバーとしておすすめなのは 【ハッスルサーバー】 で、お金に多少でも余裕があれば、優先的に 【エックスサーバー】 をオススメします。

私は現在、「ハッスルサーバー」と「エックスサーバー」の2つのレンタルサーバーを使っています。


 その他のレンタルサーバー

◆ 国内格安レンタルサーバー
◆ LHXのレンタルサーバー
◆ Domainking
◆ リンククラブ
◆ ロリポップ!
◆ Speever




powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional