ホームページを自作します。エディタを使って自分でつくるオリジナルなホームページの作り方を説明します。SEO対策webサイトを作ります。

howtogetdomain

トップWEBページ作成5.HPの公開手順 > (1)ドメインの取得


(1)ドメインの取得

ドメインとは何でしょう?

ドメインとは、インタ-ネットの世界でホームページの所在地を示す住所みたいなものです。
そのアドレスをURLといいます。

例えば、このサイトのURLは、
http://makehp.mitioka.com/
です。これがこのサイトのインターネット上の住所(URL)であり、サイトのトップページを開きます。

また、さらに詳細に見ると、このサイトの「現在のページのURL」は、
http://makehp.mitioka.com/index.php?howtogetdomain
です。
web上でこのURLが表示されている場所を「アドレスバー」といいますが、アドレスバーの中に
表示されているURLが、このサイトのこのページの住所という訳です。

この「 http:// 」の後ろにある 「 makehp.mitioka.com 」の中の「 mitioka.com 」の部分を専用URL(=独自ドメイン)といいます。

自分専用なので、他人はこのURLを使うことはできません。唯一、自分だけのものです。

また、独自ドメインは、「mitioka.com」の部分ですが、更にこの独自ドメインの頭に、" makehp. "がついていますね。この部分が「サブドメイン」になります。

つまり「makehp.mitioka.com」は、独自ドメイン[mitioka.com]内に設定したサブドメインのURLという事になります。

最初に、独自ドメイン「mitioka.com」があって、この独自ドメインに対して、サーバー上でたくさんのサブドメインを作ることができます。つまりサブドメインの数だけ異なるサイトを作ることができるという訳ですね。

また、独自ドメイン「mitioka.com」の下に、例えば「yasaitukuri」という名のフォルダーを作り、そのフォルダの中に「野菜作り」のwebページ(sample_yasaitukuri.html)を置いたとしますと、この場合のURLは
http://mitioka.com/yasaitukuri/sample_yasaitukuri.html
となります。

また、サブドメインのサイトは、独自ドメインとは異なる別のサイトと言えるし、
一方、独自ドメインの下に作ったディレクトリに置いたWEBページは独自ドメインのサイトに属し、独自ドメインと同一のサイトになります。



もし、あなたが「音楽に関するサイトを作ろう!」と思って、例えば、ドメイン名として「 ongaku.com 」を取得すれば、 それはあなただけが使える唯一のドメインとなります。

他の人が、自分もこの「 http://ongaku.com 」を使いたいなー、
と思っても、あなたが先にこのドメインを契約しているので、あなた以外の他の人はこの名のドメインは諦めなくてはいけません。それ以外のドメイン名を考えることになります。

独自ドメインは一度取得してしまえば、何年も続けて利用することができます。


独自ドメインのメリットは、自分でドメインを取得しているので、あなた専用のドメインだということです。

一方、無料ホームページの場合は、無料ホームページを貸している会社の独自ドメインだから、その会社の都合次第で、勝手にそのドメインを削除することが出来ます。

そうなると、せっかくあなたが苦労して作ったホームページが、あなたの意志に反して、一瞬のうちに消えてなくなり、水泡に帰すことになります。

ホームページを無料で提供している会社に文句は言えません。もともと無料で借りているわけですからね!

だから、安全を期すためにも、独自ドメインを取得することには大きな意義があるという訳です。
自分のサイトを自分の意志で安全に公開したければ、独自ドメインを取得することが一番です。


ドメインを取得してホームページを運営するまでの流れ

①ドメインの名前を考える。 

  作成したホームページの内容を一言で表すようなキーワードを考えて、
  そのキーワードで独自ドメインの名前をつければ、訪問者にわかりやすい、
  集客につながる効果的なURLとなるでしょう。

②ドメイン取得する。

  検索して、まだ契約されていないドメインかどうかを確かめたら、
  その名前でドメインを契約する。

③レンタルサーバー会社に申し込む。

  ドメインを取得したら、そのドメイン名でレンタルサーバー会社に申し込む。
  レンタルサー バー会社では、ドメインも取得できるので、
  最初からレンタルサーバー会社で、ドメインを取得して、サーバーもレンタルする
  というプランが手っ取り早いと思います。

④サーバーにアップロードする。

  ホームページ(****.html)を作ったら、FFFTPなどを使って、そのページ(****.html)を
  サーバーにアップロードする。
  もちろんレンタルサーバー内でも「htmlファイル」をアップロードできますよ。

⑤公開できているか確認する。

  アップロードが完了したら、ブラウザに戻って、ブラウザのアドレスバーに
  URLを入力する。リターンキーを押す。→ ホームページが表示される!! OK!! 
  めでたし!めでたし!!


以上。


留意点
独自ドメインだけを取得してもサーバーに登録しなければ、世界に1つの「URL」の権利だけは持っているが、インターネットで世界に公開することは出来ません。

基本的には「独自ドメイン(URL)」と「レンタルサーバー」の2つを契約することによって、初めて ホームページを世界に公開することができるという訳です。

もちろん、ドメインとレンタルサーバーは、それぞれを別会社に別々に契約してもOK!ですが、その時は、レンタルサーバーに、別の会社から取得したこのドメインを使いますよー、という手続きをして登録する必要が生じます。


下記はドメインの申し込みができるサイトです。


◆ 【エックスサーバー】


◆ ラクサバ 


◆ お名前.com 


◆ ムームードメイン


◆ LHX

◆ リンククラブ


◆ Quicca


◆ DomainKing

◆ 『アット・ワイエムシー』


◆ 大容量無制限レンタルサーバー【X2】


powered by QHM 6.0.4 haik
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional